1. 効果のある安いおすすめ医療脱毛を追求する【医療脱毛ピーチ】
  2. 脱毛サロン
  3. 今人気急上昇のVIO脱毛は脱毛サロンがおすすめの4つの理由

今人気急上昇のVIO脱毛は脱毛サロンがおすすめの4つの理由

 2018/10/11 脱毛サロン   11 Views
VIOの脱毛はサロンがおすすめだよ。VIOは痛みがあるから、耐えられない人も多く、解約する人も多いんだ。サロンはクリニックに比べて回数は多くなるけど、もちろん脱毛効果はあるよ。それでもクリニックがいい!という人は痛みに耐えられるか、しっかり契約前に確認しておくことをオススメするよ。
VIO脱毛、済ませている方も増えていますよね。これからVIO脱毛にトライしたい方におすすめなのは、脱毛サロンです。

  • VIO脱毛って安い?料金が高くなったらどうしよう?
  • 痛みが強いって聞くけど本当?
  • 形はどうしたらいいの?ハイジニーナにも興味はあるけど。
  • 脱毛サロンと医療脱毛、どっちがいいの?

VIO脱毛を始める前は、気になる点がたくさんありますよね。中でもどこで脱毛するかは、脱毛効果や費用などを左右してしまいます。痛み、費用などの点から、VIO脱毛ならサロンがおすすめです。

ただし、痛みの感じ方にも個人差があります。脱毛にかかる費用の予算にもそれぞれ違いが大きいでしょう。そのため、中にはクリニックが最適という方もいます。VIO脱毛するならなぜサロンなのか、クリニックを選んだほうがよいのはどんなケースなのかを解説していきます。

このページの見出し

VIO脱毛なら脱毛サロンがおすすめの理由

1.断然痛くない

VIOは毛が太く、毛量も多め、なおかつ黒ずみなどで照射に強く反応してしまうため痛みはもともと強いのです。脱毛サロンの脱毛機はどんどん進化しており、最も痛みを強く感じるといわれているVIOでもあまり痛くなくなっています。クリニックでは麻酔ができます。ですが、麻酔なしでは照射の時に声が出るほど痛いという方もいるほどです。脱毛サロンなら、いくつか脱毛方式がありますが、痛みなくほんのり温かい程度から輪ゴムではじいた程度の軽い痛みといわれています

2.費用が安い

脱毛サロンでVIO脱毛をする場合、1回あたりの料金は単発なら10,000円から15,000円程度、回数パックなら1回当たり9,000円から12,000円程度が相場といわれています。プランによって月額料金で支払えるサロンも多いです。クリニックでは、回数パックプランなら5回で80,000円から100,000円程度なので、まとまったお金を準備してからとなりますね。気軽に脱毛をスタートするなら、やはり脱毛サロンでしょう。

3.女性スタッフで安心

VIOはやはりデリケートな部位なので、女性スタッフによるカウンセリングや照射でないと安心できませんよね。脱毛サロンはもちろん女性スタッフばかりなので、心置きなく施術を受けられるでしょう。また、女性限定サロンばかりなので、待合室で男性と会って気まずいこともありません。クリニックでは、照射自体は基本的に女性看護師が行うものの、診察をするのは男性医師ということもあります。

4.形をカウンセリングで相談しやすい

VIOをどんな形にするのか、自分で決めていてもやはり施術件数が多いサロンなら、適切なアドバイスが受けられます。一度脱毛してしまうと、簡単には戻りません。どんな形にするのか、毛を残して形を整えるのか、すべて脱毛してしまうのかなど、様々な仕上がりがあります。カウンセリングで相談可能なサロンなら、納得できる仕上がりに脱毛できるでしょう。

VIO脱毛の脱毛部位をおさらい!

Vライン

Vラインは、両足のつけ根部分と、ショーツに隠れたトライアングル部分を指すことが多いです。サロンによっては、トライアングル上、トライアングル下、Vラインといったように細かく部位を分けていることもあります。部位を選択して施術を受ける場合、料金や脱毛できる範囲に気を付けておきましょう。

Iライン

アイラインは性器の両横になります。サロンによって、どこまで照射できるかが異なるため事前に確認することが重要でしょう。粘膜部分のギリギリまで脱毛できるかどうかが最も異なる点です。また、Iラインは最も色素沈着しやすい部位ですね。痛みも強く照射パワーが低いことがあるため、脱毛効果を得にくい部位なのです。Vラインは終わったけれど、Iラインのせいで、まだ通わないといけないというケースも起こります。

Oライン

肛門の周囲です。自己処理は簡単ではなく怖い部位ですよね。Oラインはおしり脱毛とは違います。ムダ毛がなくなることで衛生的に過ごせるため、0本になるまで施術を受ける方がほとんどです。

それでも医療脱毛のほうがよいケース

脱毛期間をとにかく短くしたい

医療脱毛機は、出力パワーが脱毛サロンの脱毛機のおよそ3倍といわれています。そのため、効果が大変早くでます。サロンの平均的な脱毛期間は、2~3年、クリニックは10ヶ月から1年半ほどで完了します。何度も通うのが難しい方には、医療脱毛のほうが適しているでしょう。

費用はかかってもよい

クリニックは、サロンよりも1回あたりの照射での料金相場は高くなります。費用が掛かってもよいから早く効果があったほうがよい場合には、クリニックを選びましょう。ただし、VIOはクリニックでよくみられる5回プランでは自己処理不要の状態までにならないことがあります。プラン終了後に追加照射する場合は、通常の1回照射より料金は低めですが、それでも15,000円から20,000円程度はかかってしまいます。回数の予測は難しい面もあるのですが、追加の場合の費用まできちんと考えておきましょう。

痛みに耐えられる

医療脱毛レーザーは効果が高い分、照射時に強い痛みを感じることがあります。ただ「特に気にならない」という方と「痛すぎて麻酔をした」という方がいるように、照射してみないと、どれくらいの痛みなのかはわかりません。さらにVIOは毛の1本ずつが太く、毛量が多い、なおかつ深い位置に毛根があることから、身体のどの部位よりも痛みが強いのです。痛みに耐えられる、麻酔を使用してもよいといった場合には、クリニックも選択肢に入れられます。

このサロンならVIOを任せられる!

銀座カラー

1年8回(1.5ヶ月に1回)通えるVIOセットコースが月額7,100円。Vラインの上部、サイド、Iライン、ヒップ奥をまとめて照射できます。コース金額の225,600円まで支払うと、その後には追加費用は掛かりません。(コース分割の手数料は含まず)銀座カラーは、口コミで人気高まったサロンですが、脱毛効果やスタッフの技術の高さなどに定評があります。VIOは脱毛効果が得にくいのですが、銀座カラーなら安心でしょう。

全身脱毛も併せてならキレイモ

全身脱毛専用サロンのキレイモは、VIOのみ照射は受け付けていません。しかし、全身くまなく脱毛したいなら、顔もVIOも含まれて月額9,500円からと大変リーズナブルです。回数パックもありますので、お得に納得できるまで脱毛できますよ!

ミュゼ

ハイジニーナ7という脱毛プランがあり、トラアングルの上下、さらにその上のへそ下、脚の付け根のVラインとその上部のVライン上、Iライン、Oライン(ヒップ奥)をくまなく照射できます。デリケートゾーンの周辺をキレイにできますね。またハイジニーナ7のコースで契約すると、回数終了後もVラインと両ワキの脱毛が完了するまで脱毛できるコースがついてきます。(ハイジニーナ7のコースが12,000円以上の場合)
ハイジニーナ7 レギュラープラン 1回18,000円 4回72,000円 6回108,000円(4回と6回はアプリダウンロード価格で36,000円と54,000円で利用できます)※アプリダウンロード価格とは、ミュゼの公式アプリをダウンロードすれば適用される価格です。

おすすめ医療脱毛クリニックはこちら

レジーナクリニック

全身脱毛料金が5回189,000円と大変安いことで評判のクリニックです。ただ、この全身脱毛プラン料金は、顔とVIOは含まれていません。VIOのみ照射する場合には5回84,000円のセットプランがあります。

アリシアクリニック

5回プランに加えて、8回プランや脱毛し放題プランがあるので、VIOでも安心です。VIO脱毛ではすべて照射してしまう(ハイジニーナ)スムースと、Vラインは形を整えるビューティがあります。スムースとビューティでは料金が異なります。

スムース 5回85,900円 8回123,760円 回数無制限165,000円
ビューティ 5回61,900円 8回92,880円 回数無制限118,800円

リゼクリニック

VIO脱毛セットが5回で99,800円です。追加照射は15,500円とかなり低い設定のため、納得できるまで安心のクリニックでしょう。リゼクリニックは、クリニックながらリラックスした雰囲気のため、通いやすいと感じるでしょう。院によって特別価格でVIO脱毛を行っていたり、トライアルプランがあったりするので、お近くのリゼでぜひ確認してみましょう。

脱毛サロンでVIOの照射は何回くらい必要?

完了状態を考えておく

脱毛完了、と考える段階はいくつかあります。

  • 現時点よりもムダ毛が減り自己処理がラクになればOK
  • 自己処理をしなくてもよい程度
  • 完全に無毛の状態

などでしょうか。要は脱毛する方が「ここで完了」と決めた状態でよいわけです。照射回数もそれぞれ異なるわけですが、サロンでVIO施術を受けた場合にはどうなるのでしょうか。

ムダ毛が減り始める段階

脱毛サロンでは、1~2回の照射では毛が減ったと実感できないことも多いでしょう。サロンでムダ毛の減少を感じるのは、4回目以降です。ただし、VIOは効果がなかなか出ないことも多いので、減ってきたと感じるのは6~8回目という方も少なくありません。

自己処理不要までの回数

自己処理不要の段階とは、産毛程度が多少残っていたり、近づくと毛穴が見えたりという状態です。ただシェーバーなどを使って、処理する必要がない段階です。通常なら12回から15回が自己処理不要となる目安回数です。VIOなら少し多く必要になることも多く、プラス3回程度を予測しておくとよいでしょう。

ツルツル(毛穴レスで無毛)までの回数

毛穴も残らないようなツルツルの状態になるまでには、18~20回程度の照射が必要です。期間としては3年程度が目安になります。ただ、1年程度で自己処理がかなりラクになり、2年程度で自己処理はほぼ不要になっています。割と早い段階でムダ毛の減りを感じ、処理などの手間も軽減されるので、期間の長さはあまり気にならなかったという方も多いのです。

ちなみにクリニックでの回数は?

クリニックは効果が早くでると言われていますが、何回くらいで抜けたと実感できるのでしょうか?クリニックでは、自己処理不要になるのは6~8回、ツルツルになるには8~10回程度です。クリニックでは基本のプランは5回のところが多いのですが、VIO以外の部位なら5回程度で自己処理不要になることが大半なためです。VIO脱毛の場合は、追加する方も多くなります。

脱毛サロンでできるVIOの形は?

一番人気はトライアングル

VIOは、すべて処理してしまうのではなく、毛量を減らして整える方法も可能です。その際に、VIOの形を希望に応じてデザインすることもできます。脱毛サロンでは、様々なデザインに対応しているところも多いですが、人気が高いのは自然な形から小さくしたトライアングルです。

最もナチュラルな仕上がりになるので、人気が高い形です。ただし、あまり大きく残してしまうと、せっかくVIO脱毛したのに下着や水着からはみ出してしまうこともありますね。逆に小さくし過ぎてしまうと、ムダ毛は再生しないので簡単には戻せないことになります。慎重に形や大きさを決めるようにしましょう。

ハイジニーナも人気急上昇中

すべてムダ毛をなくしてしまうハイジニーナも、人気が高くなっています。というのは、やはり衛生的なこと、生理時などのムレから解放されることなど、毛がある状態とは快適さが比べものにならないためです。

気になる点としては、ジムや温泉などで注目されてしまうことがあること、男性からの評価などでしょうか。気になる場合は、毛を戻すことは難しいので、残しておいたほうがよいですね。

デザイン型はおしゃれだけれど

ハート型や扇型などのデザインに対応しているサロンもあります。またIラインに沿ってごく細く残すスタイルもTバックをよく履く方などに人気です。しかし一度デザインタイプにしてしまうと、戻せない点から多少後悔する方もいるようです。「かわいいから!」と形を決定してしまって、後から気が変わることもあるでしょう。また彼やパートナーに指摘されることもあるようです。デザイン型を選ぶ場合には、後悔がないのかもきちんと考えておきたいところです。

サロンでは形を残す場合、プレートがあって、それに沿って照射していくよ。事前の自己処理もそれに合わせて行います。都度照射位置が変わってしまって、思った形にならないということはないから、安心してね!

脱毛サロンでは事前処理はどうすればいい?

シェービングの方法

脱毛サロンで照射する前には、シェービングしておく必要があります。というのも、光脱毛は黒いものに反射するので、長すぎるムダ毛が残っていると、照射した際にやけどを起こしてしまうからです。

シェービングは前日に行ったほうがよいですが、サロンによっては3日前など指示があるかもしれません。それに従って、電気シェーバーで処理していきましょう。電気シェーバーならお肌を傷つけることがないので、照射前にも安心です。

剃り残しがあったらどうなる?

自己処理が難しいVIOなので、照射前のシェービングといわれても困ってしまう方も少なくありません。基本的にOラインはどこのサロンでも、できる限り処理しておくと、毛が残っていれば剃ってから照射してくれます。見えにくく手も届きにくい部位だからです。ただし、VラインとIラインは残っている場合の対応はサロンやプランによって異なってきます。

Oラインと同じように剃って照射してくれるとしても、無料の場合と有料の場合があります。都度シェービング料を払っていると、大きな金額になってしまいかねません。また、シェービングサービスなしで照射しないというサロンもあります。剃り残し部位を避けて照射すると、結局照射回数が多く必要になってしまうでしょう。

自己処理が難しい部位なので、サロンでシェービングにどのように対応しているか確認しておいたほうがよいですね。

自分でシェービングが必要な場合、剃り残しがあるとその部分だけ照射してもらえなくなるから、しっかりシェービングされているか確認が必要だよ。

VIO脱毛はもはや常識?

体験者は快適さに満足が高い

少し前までなら、限定した人しか脱毛しないと思われていたVIO部位ですが、現在は気軽にトライする方も増えていますね。VIOのムダ毛がなくなると、トイレの後の始末が簡単、生理時にも手間がかからない、ムレがなくなる、ニオイも気にならなくなる、といいことばかりです。

急に泳ぎに行くことになっても「はっ」とすることもなくなりますね。もちろん下着や水着のデザインも選びません。現在はまだ、温泉やスパなどで人目を気にする方も多いため、まだ全員がVIO施術をすませているという状態ではありません。

しかし、老後の介護を考えて40代や50代の方がハイジニーナにすることが大変増加しています。介護脱毛という単語も出てきているほどです。近いうちに、VIOの毛を全く処理せずそのまま残しているほうが少数派となる可能性は高いでしょう。

男性はこんな意見

VIO脱毛をしようと思っても、男性の意見も気になる、彼に指摘されたら気まずいと考える方も多いですね。男性はどのように考えているのでしょうか。

毛が多いとやっぱり不潔な感じがしますよね。下着からはみ出てるとビックリしますし。きれいに整えられているほうがいいです
ハイジニーナでもいいです。あまりに無頓着だと、どんなに美人でもちょっと無言になってしまいます
処理してあれば、そのほうがいいですけど。でも毛がある状態でも、そんなに気にしないかな…。でも今までとくに剛毛の人に会ったことないので、みんな脱毛してたのかも
嫁がツルツルにしたときはさすがに驚いたんですが。なんで?って。でも、実際に毛がないとこっちのほうがいいな、と思いました
アンダーヘア脱毛に関しては、男性も賛成派が多くなっています。ただし、男性それぞれの考え方もあるので、脱毛してしまってからしまった!とならないためにも、思い切って相談した方がよいでしょう。

やっぱりVIOの施術は恥ずかしい?

紙ショーツなどで対策あり

VIO脱毛というと、デリケートゾーンが全部見える状態で照射していくのでは?と不安になりますよね。原則としてVIOを施術する場合も、紙ショーツを着用し、照射する部位をずらして行います。紙ショーツはTバックのような後ろ部分が細いものが多いです。ただサロンによっては、前もTのような細い状態で、よりずらしやすいデザインになっていることもあります。

また、クリニックなどでは紙ショーツを使用しないところもありますが、その場合はタオルなどでカバーしておき、照射する部位をめくって行います。

姿勢も恥ずかしい?

Vラインでは、脚を少し開いて仰向けの状態で照射していくので、それほど恥ずかしさを感じないかもしれません。Iラインは片脚を立てて横に開いて行うので、やはり恥ずかしさがあります。Oラインはうつ伏せでおしりの肉をギュッと開いて行うところ、横向きでおしりの肉を持ち上げて行うところ、四つん這いなどサロンによって様々です。ただ、いずれもごく短時間ですし、スタッフはあくまで他の部位の脱毛と同じようにサクサクと進めます。数回は恥ずかしくても、徐々に慣れていく方が大半なので、さほど心配しなくてもよいでしょう。

はじめは恥ずかしいかもしれないけれど、回数を重ねると慣れてくるから大丈夫。なにより、スタッフさんにとってはお仕事だから、なにも気にしていないよ。

VIO脱毛は自己処理が難しい!

カミソリや毛抜きはNG

VIOはどの自己処理方法で行っても、うまくいかない方のほうが多いのではないでしょうか。カミソリで剃れば、また生えてきた時にチクチク感じたり、手触りがザラザラとしたりします。毛抜きは抜いたその時はよいと感じるかもしれません。しかし、再度生えてきたときには毛が表面に出ない埋没毛となってしまうこともあるのです。また、引っ張って抜いていることで、毛穴が広がってしまうことがあります。

VIO自己処理はトラブルの元

自己処理を続けていると、肌荒れしやすい、埋没毛が発生しやすい、さらに毛嚢炎を起こす、色素沈着の元となるなど、まったくよいことがありません。もともと皮膚が大変薄い部位なので、下着との摩擦でも黒ずみとなりやすいのです。そこに強い刺激となる毛抜きやカミソリを使用すると、トラブルにならないほうが難しいでしょう。やはり、サロンなどプロに任せたほうが仕上がりも安心です。

まとめ

脱毛サロンが痛みや料金などの点からVIO脱毛に適しているのは、納得ですね。ただ、脱毛期間が長い点がネックとなるので、早く脱毛完了させてしまいたい場合は、クリニックを選ぶ方法もあります。

どちらがよいのかは、脱毛の仕上がりの希望で決定することになるでしょう。サロン、クリニックそれぞれのメリットとデメリットを確認の上、カウンセリングを積極的に利用することをおすすめします。どちらも無料でカウンセリングを行っていますし、テスト照射などができるところも多いです。

デリケートな部位ですから、納得できる方法で脱毛しましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

効果のある安いおすすめ医療脱毛を追求する【医療脱毛ピーチ】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

効果のある安いおすすめ医療脱毛を追求する【医療脱毛ピーチ】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • おすすめ脱毛サロンの値段を部位別に徹底比較!

  • 脱毛サロンは効果なし?効果を感じるサロンの選び方とポイント

  • 脱毛サロンと医療脱毛はどっちが効果がある?乗り換えや併用も可能!

  • 脱毛サロンから医療脱毛へ乗り換えする人が多い?