医療脱毛の痛みはどう?痛くないところはあるの?

レーザー脱毛機の機種による違いが大きく関係する

エステ脱毛は痛みが少なく、医療脱毛は痛みが強いというのはよく知られていますよね。

 

確かに、医療脱毛は一般的に効果が高い分痛みが強いとされています。痛みの程度は「輪ゴムで軽くはじいた程度」などと例えられますが、痛みの感じ方には個人差がありますので「痛すぎる」と感じる方もいらっしゃれば「思ったほどではなかった」と感じる方もいるようです。

 

医療脱毛の痛みというのはどうなのでしょうか?痛くない医療脱毛はあるのでしょうか?

 

医療脱毛に痛みを感じるのはどうして?

ではどうして医療脱毛に痛みを感じるのでしょうか。それは脱毛の仕組みに関係があります。

 

医療レーザー脱毛は、メラニン色素に集中する波長のレーザーを照射することで毛根部分に瞬間的に高熱を生じさせ、熱破壊することで脱毛するというものです。

 

肌そのものを焼いているわけではありませんが、施術の際に周りの皮膚も熱による痛みを感じてしまうため、それが痛みの原因になっているのです。

 

VIOなど施術部位による痛みの違いも…

医療脱毛は痛みを感じると言っても、どの部位も同じように痛いというわけではありません。施術する部位によって、痛みの感じ方は大きく違いがあります。
脱毛の仕組み上、やはり毛が濃く太いところというのはそれだけ多く毛根の熱破壊が起こるわけですから、痛みを強く感じやすくなります。また、肌が敏感な部分というのも痛みを感じやすいです。
そのため、VIOなどは特に痛みを感じやすい部位とされています。

 

痛くない医療脱毛はある?

では、痛くない医療脱毛というのはあるのでしょうか?痛みの感じ方には個人差があるとはいえ、できるだけ痛みが少ないところで脱毛したいですよね。

 

これには、個人差という部分を除けば、各クリニックで使用されているレーザー脱毛機の機種による違いが大きく関係してきます。

 

レーザー脱毛機にはいろいろ種類がありますが、最近日本のクリニックの多くが使用しているのがダイオードレーザーの「ライトシェアデュエット」で、痛みが少ないとされています。また一般的に痛みが強いとされているアレキサンドライトレーザーでも、冷却装置がついているものは痛みが少ないと言われています。

 

ただしいずれも痛みが少ない、とはいえ痛みがないわけではありません。また痛みの強さも「ダイオードのほうが痛くない」という方もいれば、「アレキのほうが痛くなかった」と感じる方もいますし、どちらの機種でも強い痛みを感じている方もいらっしゃいます。やはり個人差は大きいです。

 

カウンセリングの際に希望すればテスト照射をしてくれるところがありますので、自分で試してみるのが一番かもしれません。

 

新しい脱毛メカニズムで痛みが少ない「メディオスターNeXT]

従来の毛根を熱破壊する脱毛方式とは異なる、新しい脱毛メカニズムを持つ脱毛機がメディオスターNeXTです。メディオスターNeXTは従来のレーザー脱毛機のように毛根の破壊ではなく、「バルジ領域」と呼ばれる発毛因子に向けて照射するために、従来のものよりも痛みや火傷のリスクが少ないとされています。

 

もちろんこちらも完全に無痛なわけではなく、部位によっては痛みを感じることはあるようです。また痛みは従来のレーザーの鋭い痛みとは違い、じんわり熱い感覚と痛みが出てきます。

 

難点としてはこの脱毛方式はまだ導入されてから日も浅いので、長期的にみたときの脱毛効果などまだまだデータが少なく不明な点が多いです。

 

回数を重ねるほど痛みは軽くなる

脱毛は回数を重ねるほど毛量が少なくなっていきます。レーザーはメラニン色素に反応しますから、毛量が少なくなれば痛みの発生も軽くなっていきます。最初の1〜2回は特に痛みを強く感じる方が多いようですが回数を重ねていけば痛みは少なくなっていきます。

 

それでも痛みがどうしても我慢できない、という場合には、出力を下げてもらうか麻酔を使用してもらうなど、クリニック側に相談してみましょう。


医療脱毛

×