1. 効果のある安いおすすめ医療脱毛を追求する【医療脱毛ピーチ】
  2. 顔脱毛
  3. 顔脱毛の効果が高いクリニックやサロンは?毛穴も産毛もツルツルに!

顔脱毛の効果が高いクリニックやサロンは?毛穴も産毛もツルツルに!

 2018/10/10 顔脱毛   81 Views
顔脱毛をすると、お肌がとてもきれいになって、お化粧ノリもよくなるからオススメだよ。毛穴も目立たなくなるし、かお産毛の処理も不要になって、すごく楽!まだやっていない人は、ぜひオススメだよ。
ワキ、腕、脚脱毛だけでなく、顔脱毛をする方も急増中ですね。顔は、産毛(軟毛)が生えているため、実は脱毛効果が得にくい部位になります。そのため、どこで脱毛するかは重要なポイントです。

顔脱毛は、ムダ毛をなくすだけがメリットではありません。顔脱毛をすることで、お肌のトラブルから解放されることもあります。最も目立つ部位である顔のムダ毛をそのままにしておかず、最適な脱毛方法でツルツルを手に入れましょう!

このページの見出し

顔脱毛のメリットはムダ毛がなくなるだけじゃない!

悩みの肌トラブル、何をやっても改善されないと悩んでいる方、顔脱毛にトライしてみませんか。顔の産毛がなくなることで、いくつかのメリットが得られますよ!

毛穴が引き締まる

産毛があることで毛穴が広がりやすくなります。毛穴が広がった状態だと、汚れが詰まりニキビなどのトラブルにつながってしまうでしょう。脱毛することで、ニキビを防げます。毛穴自体がポツポツと黒ずんでいる悩みを持っている方も、脱毛して引き締まると改善することもあります。

化粧ノリがよくなる

産毛自体は大変細いものですが、肌に生えた状態だと表面に凹凸を作ってしまいます。そこにファンデーションを塗っても、ムラができやすかったり、厚塗りになってしまったりするのです。産毛がなくなると、化粧のノリがまったく違ってきます。化粧直しのときに、浮いた感じになりませんか?ムダ毛がないと、肌にファンデーションが密着し、自然な仕上がりになります。

肌のトーンが上がる

産毛があると毛穴の凹凸がはっきりするので、肌がくすんで見えることもあります。毛がなくなると、肌表面がフラットになるため凹凸による影がなくなり、肌のトーンが上がります。脱毛が完了すると、パッと明るくなったとはっきりわかる方も多いです。

肌トラブルの予防

毛穴が小さくなると、老廃物が溜まりにくくなり、肌の様々なトラブルを未然に防げます。また、フラッシュ脱毛の光はフォトフェイシャルの光と大変似た作用をするため、シミが薄くなることがあります。光脱毛では、色が濃いほくろやシミにはテープなどを貼って照射しないようにします。やけど防止のためですね。ただ、シミは目に見えているものだけでなく、皮膚の下に予備軍となっているものがたくさんあります。これにフラッシュの光を照射することで、未然に防げる効果も期待できます。

顔の産毛はサロンやクリニックの顔脱毛がベスト

顔の自己処理は、くすみの原因になったり、肌を傷つける原因になるから、脱毛サロンでのケアをオススメするよ。以下、自己処理についてまとめたから、どんなリスクがあるか確認してみてね!

カミソリでの自己処理

カミソリや電気シェーバーなどを利用した自己処理をしている方、顔脱毛では多数を占めるのではないでしょうか。電気シェーバーはお肌を傷つけませんが、カミソリでは皮膚の表面も削り取ってしまいます。何度もそれを繰り返していると、黒ずみや色素沈着をおこしてしまいます。もちろんカミソリでの自己処理には終わりがありません。シェーバーなどを何十年と購入した場合の費用は、サロンやクリニックでの脱毛費用をはるかに超えてしまうといわれています。

毛抜きでの自己処理

鼻下や眉下を毛抜きで抜いている方が多いのですが、毛抜きの処理は肌トラブルを超えて危険といってよいかもしれませんね。毛抜きでの処理は、毛穴を広げてしまいます。広がった毛穴は、老廃物を溜めやすくなります。広がってしまった毛穴を再び本来の大きさに戻すのは、簡単ではありません。絶対に毛抜きでの自己処理はやめましょう。

糸脱毛

アジア圏で人気が高い糸脱毛、糸をねじって毛をからめとる方法です。スレッディングなどと呼ばれていることもあります。サロンなどでも数千円でできるため、人気がある脱毛方法です。しかし、糸で毛をからめとる方法は、肌にも負担をかけてしまうことがあります。また強い痛みを感じたり、赤みやかゆみが出てしまったりする方もいます。もちろん永久脱毛ではないので、ずっと処理し続けないといけません。一度の料金はさほど高くなくても、脱毛サロンや医療脱毛のように完了することはないのです。ずっと支払い続ける費用としては大きくなるでしょう。

サロンやクリニックの顔脱毛

サロンや医療脱毛クリニックで顔脱毛すると、やはり毛が再生しないことが最大のメリットでしょう。脱毛完了すれば、シェーバーなどのように何度も処理することから解放されます。費用としても、顔脱毛のプラン10万円ほどでしょうか。月額料金のサロンやクリニックもあるので、気軽に顔脱毛をスタートすることもできるでしょう。

顔脱毛できない部位がある?顔脱毛の部位を確認!

顔は細かく部位にわかれています。狭い範囲ですが、脱毛できるところと脱毛できないところがあります。クリニックとサロンでも脱毛できる部位は異なります。まずは顔がどんな部位に分かれているか確認しましょう。

サロン、クリニックともに脱毛範囲に入っています。額の中でも眉の上あたりは大変痛みが強い部位です。
・目の周囲
眉下なども、ムダ毛が気になる方が多いですね。皮膚が大変薄くデリケートな部位のため、脱毛サロンの脱毛機は広範囲に光を照射するので施術不可です。クリニックは眉下には対応していることもありますが、まぶたは照射できないことが多いです。

眉間

サロン、クリニック共に照射できます。ただ、一部のサロンでは照射対象外のこともあるので確認しましょう。

鼻、小鼻

サロン、クリニック共に照射できます。

鼻下

最も脱毛したい方が多い部位でしょう。そのせいか、一部のサロンでは鼻下だけ別部位で別料金ということもあります。必ず確認しておきましょう。

鼻の穴(鼻毛)

サロン、クリニック共に脱毛に対応しているところもありますが、少数です。そもそも鼻毛の脱毛はおすすめできません。照射によって鼻の粘膜が傷ついてしまうからです。

ほほ

サロン、クリニックどちらも対応しています。ニキビがある場合、炎症があるとそこを避けて照射となります。

唇の周辺

粘膜はサロン、クリニックどちらも脱毛できません。唇ぎりぎりならどのあたりまで脱毛できるのかは、サロンやクリニックごとに異なります。契約前に必ず確認しておきましょう。

あご

サロン、クリニックどちらも照射範囲です。あご下はどのあたりまで照射できるのか、確かめておくことをおすすめします。あご下が別部位になっていることもあるので、料金を確かめておきましょう。

もみあげ

サロン、クリニックどちらも照射対象外にしているところもあります。もみあげは自己処理が難しいので、ぜひプロに任せたい部位ですよね。契約前に、もみあげの脱毛ができるか必ず聞くようにしましょう。

サロンは脱毛不可です。クリニックも一部ではできますが、大半は対象外となります。また、脱毛範囲に含まれている場合でも耳の裏側などはできないところもありますので、細かく照射範囲を確かめておいたほうがよいですね。

フェイスライン

サロン、クリニック共に脱毛範囲です。ただ、照射部位に含んでいない、えらのみ照射可など、サロンやクリニックによって微妙に異なります。フェイスラインもムダ毛が気になりやすい部位ですから、どこを照射できるのか確かめておきましょう。

顔脱毛なら医療脱毛とサロン脱毛どちらがよい?

顔脱毛を医療脱毛クリニックとサロン、どちらでするのがよいのでしょうか?

光脱毛とレーザー脱毛の違い

光脱毛とレーザー脱毛の最大の違いは、出力です。光脱毛は、レーザー脱毛の1/3程度の出力しか出せません。そのため、脱毛の効果も異なります。レーザー脱毛は、毛根や毛母細胞などを破壊してしまうことが可能です。そのため、再生のおそれはほとんどありません。一方サロン脱毛は、何度も繰り返し照射することで毛根などにダメージを与えていく方法です。

また、クリニックでは産毛のような細く、色も薄い毛に対応した脱毛機を導入しています。

効果だけで選ぶなら医療脱毛クリニック

脱毛効果だけに着目するなら、やはり医療脱毛クリニックでの顔脱毛がおすすめです。照射回数も少なく脱毛が完了するでしょう。ただし、出力が高く、効果も高いということは、その分肌にも影響が出やすいということです。つまり、痛みを強く感じることがあります。特に顔は、皮膚が薄く痛みを感じやすい部位です。痛みが苦手な方なら、サロンを選んでもよいでしょう。

料金も気になる

クリニックは、脱毛料金が高いというイメージが強いですね。しかし、顔は脱毛効果が出にくいので、サロンではかなり多い照射回数を必要とします。回数プランなら、料金が大きくなってしまうでしょう。クリニックはサロンよりも脱毛効果が出やすいので、プランの料金が高額だと感じても施術回数が少なくてすむことで、追加なしまたは少ない回数の追加で満足できる可能性が高いのです。料金は脱毛するにあたって、とても重要な点なのです。

顔脱毛におすすめのサロン

キレイモ

全身脱毛専用サロンなので、顔脱毛だけはできません。ただし、サロンでは除かれることが多い顔脱毛も、全身脱毛のプランに付いています。トータルできれいになりたい方、安く全身くまなく脱毛したい方におすすめのサロンです。
おでこ、鼻、もみあげ、鼻下、両ほほ、あご、アゴ下が脱毛範囲です。(眉下、眉のすぐ上、眉間は脱毛範囲に含まれません。)

月額定額プラン 9,500円
パックプラン 6回114,000円 12回212,040円

銀座カラー

脱毛効果が高いといわれている人気サロンです。効果がなかなかわからない顔脱毛も、銀座カラーならしっかり得られると評判です。
目の周りを除く全体をまとめて施術できます。ただし銀座カラーでは鼻下が別部位で1部位という分け方をしています。顔セットコースでは顔と鼻下で2部位となります。

顔セットコース 24回 月額5,400円(コース金額173,400円・手数料含まず)

顔脱毛におすすめのサロン

アリシアクリニック

クリニックでは珍しく回数プランが5回だけでなく、8回や脱毛し放題もあります。結果が出にくいといわれている顔脱毛でも安心して脱毛できるでしょう。

全顔脱毛セット(眉間、鼻下、眉毛、口下&アゴ、額、両ほほ、首) 5回144,300円 8回204,240円 脱毛し放題276,960円

額 5回27,500円 8回39,600円 脱毛し放題52,800円 など

眉毛、眉間、両ほほ、鼻下、口下&アゴ、首を個別に照射できるプランもあり。

リゼクリニック

脱毛専門クリニックです。顔は毛質が多様で、形状も複雑なため、適切な照射が必要な部位です。リゼクリニックでは詳細なカウンセリングを行って、より高い脱毛効果が得られます。

額、ほほ、鼻下、あご、あご下が顔全体セットに含まれています。眉毛やまぶた、眼球周辺、唇やほくろには照射できません。

顔全体セット5回コース 99,800円

他にも額5回29,800円、頬5回39,800円などの個別で照射できるコースもあり

レジーナクリニック

料金の安さで今話題のレジーナクリニック、全身脱毛以外にも顔やVIOなどの部位脱毛も行えます。
額、頬、鼻、鼻下、あごがセットされています。髪の毛、眉、まぶた、眼球周辺、唇、ほくろ、鼻毛、耳の照射には対応していません。

顔脱毛 全5回コース 120,000円

他にも額5回27,000円、頬5回27,000円など個別に照射できるプランもあり。

ももはフェイシャルはサロンでの脱毛をオススメするよ。クリニックは効果が高いけど、顔は大事な部分だから、火傷の心配もあるからね。万が一を考えると、ももはサロン派。実際、サロンでフェイシャルの脱毛をしたけど、顔は皮膚が薄いから、痛みも感じやすいよ。

全身脱毛と顔脱毛をまとめてやったほうがお得?

全身脱毛プランに顔脱毛プランが含まれているサロンやクリニックなら、脱毛範囲が広くなるためお得になります。ただ、全身脱毛プランに顔が含まれていないことも多いため、まずサロンやクリニックの脱毛部位を確認しましょう。

たとえば、レジーナクリニックのように、全身脱毛の料金は5回プランで189,000円と低いのですが、顔も脱毛する場合は顔脱毛5回を120,000円で行うことになります。合計で309,000円となりますが、まとめてやっても特に料金は変わらないということになります。

一方、リゼクリニックなら全身脱毛は5回298,000円、顔脱毛は5回99,800円で合計すると397,800円になります。ですが、全身脱毛+顔コースがあり、5回358,000円とお得です。

このように、サロンやクリニックの料金のシステムにもよりますので、確認の上まとめて施術を受けたほうがいいのか検討しましょう。

顔脱毛で効果あり!とわかる回数は?

顔脱毛は、他の部位よりも施術回数が多くなります。産毛は、光脱毛やレーザー脱毛では効果が出にくいためです。

顔脱毛は他の部位より照射回数は多くなる

クリニックなどのレーザー脱毛では、5回で自己処理不要(ごく細い毛や、毛穴は残っている状態)、8回で完全無毛になります。脱毛サロンの光脱毛では、12回から15回程度で自己処理不要、18回程度で無毛になるといわれています。

顔脱毛は効果が出にくいので、クリニックなら他の部位よりプラス2~3回、サロンならプラス3~5回程度を考えておくとよいでしょう。

少なめの回数で様子を見たほうがよいことも

顔はなかなか脱毛結果が出ませんが、いきなりあまり大きな回数プランを契約してしまうと、余計な照射回数が出てくる可能性があります。解約で返金可能ならよいですが、残回数などによっては、あまり戻ってこないかもしれませんね。まず、少なめの回数プランや、お試しプランなどで様子を見たほうがよいでしょう。抜け具合などを見て、正式にプランを契約したほうが無駄な回数が発生しません。

顔脱毛~前日から当日の流れ

光脱毛やレーザー脱毛は、いきなり照射できません。まずムダ毛を事前に処理しておく必があります。

前日または2日前に剃る

1mm程度のムダ毛がある状態が、照射に望ましいといわれています。そのため、サロンやクリニックでは照射前日または2日前に電気シェーバーで剃っておくことを指示されます。通常のカミソリは、肌を傷つける可能性が高いので使用しないほうがよいでしょう。肌が傷ついてしまうと、照射できなくなる可能性もあるからです。

顔は背中などとは違って、剃り残しはあまり発生しにくいですが、残っていると照射できない場合もあるのできちんと処理しておきましょう。またシェーバー使用後、肌はしっかりと保湿しておいてください。

当日はメイクに注意

サロンやクリニックによって、メイクをどうするかの指示があります。当日メイクなしで行く、サロンやクリニックでメイクオフする、施術前に担当者がクレンジングしてくれる、などサロンやクリニックによって対応が違います。時間がタイトなサロンでは、入店後メイク落としをして時間がかかってしまうと、施術時間に影響が出ると困るため、ノーメイクでの来店必須ということが多いです。

化粧下地や、日焼け止めクリームでも、施術前にはクレンジングする必要があります。全く肌にはなにもつけていない状態で、照射を受けないといけません。日焼けしてしまうと照射できないので、すっぴんで行くなら帽子などでしっかりカバーする必要があります。

顔脱毛の効果を高める方法は?

なかなか抜けた効果を感じない顔脱毛なので、「頑張って通おう!」というモチベーションが下がってしまうかもしれませんね。脱毛効果が目に見えないと、きちんと通うのがイヤになりかねません。光脱毛やレーザー脱毛での効果を高めるためには、気を付けておきたいことがあります。

保湿をしっかり

乾燥したお肌に光やレーザーを照射すると、より痛みが強くなるだけではありません。熱を皮膚表面から、毛根まで伝える光脱毛やレーザー脱毛では、もともと乾燥しやすいのです。乾燥したお肌にさらに乾燥の原因を与えると、トラブルのもとになるのは納得ですね。肌トラブルがある場合に、出力を下げることで対応できることもあります。しかし、照射を遅らせることになると、脱毛が完了しません。

日焼けをしない

日焼けすると、照射できなくなる脱毛機もあります。これは色素の濃いものに強く反応する光脱毛やレーザー脱毛では、やむを得ないことなのです。最近では、一部のクリニックに日焼けした肌でも照射できる機械を導入しています。日焼け肌がどこででも脱毛できるわけではないので、日焼けは絶対に避けるべきです。

効果が実感できる対策をとろう

効果を高める方法を実践するのと同時に、自分できちんと脱毛効果を感じられる対策を取っておきましょう。顔脱毛の場合は特に必要といってよいかもしれません。照射前や照射後、照射後2週間などといったように、脱毛後の顔写真を撮っておきましょう。客観的にムダ毛が減っているかどうかを判断できるのでおすすめです。

また、顔脱毛以外に他の部位の脱毛もしている場合は、他の部位と比較しないことも大切です。

顔脱毛で気になる失敗やデメリットは?

メリットが多い顔脱毛ですが、気になる点や、デメリットがないわけではありません。また、顔脱毛することで起こってしまう問題やトラブルも少ないですが確かにあります。対策する方法はあるので、安心して顔脱毛を行いましょう。

痛みが強い

顔脱毛は、額のように骨がすぐ下にある部位では、照射の際に痛みを感じやすいです。ただし、痛みがあっても出力を下げずに照射することもあります。顔は硬毛化(もともと産毛が生えていた部位に太く硬い毛が生えてくる状態)が起きやすく、出力が低いことが原因になるともいわれているためです。とはいっても、クリニックなら医療機関なのであまりに痛みが強いなら、麻酔を使用できます。

毛嚢炎が起こる可能性がある

光脱毛やレーザー脱毛では、毛嚢炎を起こすことがあります。脱毛直後は毛穴が開いた状態です。この時細菌が入り込むと、毛嚢炎になってしまいます。しかし保湿をきちんとし、清潔な肌の状態を保てば、毛嚢炎のリスクは防げます。

回数が増えて料金が高くなることも

顔脱毛は、産毛が多いのでなかなか脱毛効果が出ないことがあります。回数プランだと、追加照射を受けるなら料金がかかります。いきなり大きな回数で契約する必要はありませんが、予算は多めに見積もっておいたほうがよいでしょう。

「顔脱毛って効果ない!」とならないために参考にしたい口コミ

脱毛サロン 顔脱毛のみ契約「ワキ、ひざ下などの脱毛をやって、やっぱり顔も脱毛したいと思いスタート。でも、ひざ下とは違って、顔はホントに抜けたかどうか分かりにくいです。こんなに効果ないなら、もうやめようかとも思うほどでした。料金も安いわけではないですし。ただ、ワキとかひざ下が格段に減った6回目くらいまでは、我慢して通おうと思い直して継続。5回目あたりで産毛が減ってきているのが分かりました。ファンデがピタッとつく感じになってきたので、今は完了するまでしっかり通おうと思っています」

顔脱毛の効果はすぐには出ない、わかっていても不安になりますよね。ただ、10回以上通っても特に変化が感じられないなら、サロンの場合は医療脱毛への切り替えを検討したほうがよいかもしれません。
クリニック 全身脱毛+顔脱毛+VIO脱毛「まとめて、脱毛することにしました。最初は全身とVIOだけしようと思ってたんですけど、一番目立つ顔にムダ毛があったら、きっと納得できないと、思い切って顔も契約。身体とVラインは契約の5回で、まあなんとかOKかな程度まで抜けました。でも顔とIライン、Oラインは効果がないわけではありませんが、5回じゃあ足りないですね、やっぱり。結局その3部位を追加で、さらに大きな金額に。顔とVIOは痛いし、VIOは特に急いでもなかったので、別にサロンとかにのんびり通ったほうがよかったかもと今になって後悔しています。
回数プランの選択は難しいところですね。リゼクリニックのトライアルなら、1回照射して1ヶ月以内なら差額で5回プランの契約可なので、照射の具合を見てから契約を決めてもよいかもしれません。脱毛部位によって、脱毛効果には大きな違いが出てしまうので、まとめての脱毛が早く終わってお得なばかりではないケースもあります。

自宅で顔脱毛しないほうがいい?

気軽に自宅で顔脱毛をしている方、注意しておいたほうがよいことがあります。

自己処理は肌あれのもと

自己処理はお肌に大きな負担となります。刺激を与えることで、乾燥しやすくなるため、自己処理は肌荒れや肌トラブルの原因となるのです。ついつい手元にある毛抜きや、お風呂で気軽にシェーバーなどを使いたくなりますが、トラブルのもとでしょう。自己処理する必要があるときには、肌を傷つけない電気シェーバーを使って、最小限の回数にとどめておくほうがよいですね。

くすみや黒ずみの原因にも

顔は皮膚が大変薄い部位です。強い刺激となるカミソリや毛抜きを何度も使っていると、くすみや色素沈着を起こしてしまいます。防ぐためには、保湿が重要になります。ただ、一旦くすみや黒ずみをおこしてしまった状態になると、簡単には改善できません。自己処理を多く重ねる前に、サロンやクリニックでの脱毛がよいでしょう。

形などが難しい部位も

鼻下などは産毛をすべてなくしてしまえばよいのですが、もみあげは自分で上手く処理するのは難しいですよね。失敗すると、髪とのつながりも不自然になってしまいます。サロンやクリニックなら、形も相談の上決定できます。

顔脱毛の疑問を解消!

顔脱毛で気になる疑問がありますか?サロンやクリニックに行く前に解決しておきましょう。

照射のときにメイクはどうしたらいい?

光やレーザーを照射するときには、メイクはできません。一部サロンでは、クレンジングをサービスとしているところもあります。しかし、原則として自分でメイクオフして施術を受けることになるでしょう。施術後はパウダールームなども充実しているサロンもあります。きちんとメイク直しもできますので、施術前にはきちんと落としておくべきです。

硬毛化って?どんなリスクがあるの?

産毛のような細い毛は、レーザーや光を照射することで、太い毛になってしまったり、毛が濃くなったりする症状を硬毛化や増毛化と呼びます。レーザーや光の熱量が低いと、毛細胞を逆に活性化させてしまうことがあります。顔、二の腕、背中など産毛が多い部位で起きやすい症状です。

硬毛化しても、照射を続ければ脱毛は可能になるといわれています。硬毛化が起こる原因ははっきりとしていません。起こってしまったら脱毛完了まで照射することになるでしょう。硬毛化や増毛化した場合の保証があるクリニックもあるので、不安な時にはクリニックの保証システムを契約前に確認しておきましょう。

ほくろやシミはどうなる?

ほくろやシミなど色の濃いものは避けて照射します。レーザーや光脱毛ではシミが薄くなる効果が期待できるともいわれていますが、やけどなどの恐れがあるためテープを貼って照射していきます。例外として照射できるかどうかは、サロンやクリニックによって異なります。カウンセリングできちんと確認しておきましょう。

生理中も顔脱毛できる?

VIO脱毛以外なら、生理中も脱毛してくれるサロンやクリニックは多いです。ただし、生理前後にはお肌の状態が大きく変わります。生理前にはポツポツとニキビが必ずできるという方もいますよね。ニキビも炎症を起こしていると、照射できません。ニキビができていない場合でも、特に肌が敏感になりやすい時期なので、顔脱毛も避けておいたほうがよいかもしれませんね。

まとめ

顔脱毛は、なかなか効果を感じられないといわれています。細く色素の薄い毛が生えているため、色の濃いものに強く反応するレーザー脱毛機や光脱毛機では、なかなか反応しにくいためです。照射回数が多くなる可能性が高いこと、他の部位と一緒に脱毛するなら効果の違いで顔のみ追加するかもしれないことなどを予測して、予算を立てておきましょう。
顔は、自己処理した場合の肌トラブルが、即目立ってしまいますよね。そのため、サロンやクリニックで脱毛することで、手間やトラブルから解放されるでしょう。顔は最も目立つ部位だけに脱毛した場合のメリットは本当に大きく感じるはずです。

\ SNSでシェアしよう! /

効果のある安いおすすめ医療脱毛を追求する【医療脱毛ピーチ】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

効果のある安いおすすめ医療脱毛を追求する【医療脱毛ピーチ】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 毛穴レスになる顔脱毛の効果的な回数は?

  • 顔脱毛がおすすめのサロンと医療脱毛クリニック