医療レーザーでvio脱毛は痛い?痛くない方法は?

医療レーザーでvio脱毛は痛いの?

一般的に、エステ脱毛は痛みが少なく、医療脱毛は痛みが強いとはよく知られていますね。痛みの感じ方には個人差もありますし、また施術部位によっても違いがあるのですが、毛が濃く太いところは脱毛の仕組み上痛みを強く感じやすくなります。

 

特にvioは肌がデリケートな部分であることもあり、痛みを強く感じやすい部位と言われています。しかし、痛みが強いと言われてしまうと、

 

「痛みに強い方じゃないし耐えられるか不安…」

 

と思ってしまう方は多いのではないでしょうか。
そこでこの記事では、痛みが強く感じやすいとされるvio&医療脱毛でもできるだけ痛くない方法はあるのか、痛みを軽減できる方法についても紹介していきます。

 

vio脱毛でも痛くない医療レーザーはある?

アレキサンドライトレーザーとダイオードレーザー

痛みの感じ方には個人差があると前述しましたが、その他にも各クリニックごとで使用するレーザーの機種による違いというのもあります。

 

現在、日本で医療レーザーで主流となっているのは大きく分けて

  • アレキサンドライトレーザー
  • ダイオードレーザー

の2種類です。

 

このうち一般的に痛みが強いとされるのが、アレキサンドライトレーザーの「ジェントルレーズ」という機種と言われています。

ただしアレキサンドライトレーザーにもいくつかの機種があり、最新機種のなかには痛みがかなり軽減されているものもあるといいます。

 

一方、現在日本の多くのクリニックで使用されているのが、「ライトシェアデュエット」という機種のダイオードレーザーです。照射時に瞬時に皮膚を吸引することで、痛みの軽減効果があるようです。

ただし痛みが軽減されているといっても全く痛くないというわけではなく、「痛みが強いとされる機種よりもマシな程度」というレベルで考えておいたほうがよさそうです。

 

新しい脱毛メカニズムのメディオスター

また、従来のレーザー脱毛に比べて痛みが少ないとされるのが、近年開発された『バルジ式脱毛』と呼ばれる脱毛方式の「メディオスターNeXT」です。

 

従来のレーザー脱毛機のように毛根を破壊するのではなく、「バルジ領域」と呼ばれる発毛因子に向けて照射する脱毛方式になっています。毛根よりも肌表面に近いため熱が届きやすく、弱い出力でも脱毛効果を得られるといいます。

 

こちらはレーザーのような鋭い痛みと比べ、じんわり熱い感覚の痛みになっているようです。

 

クリニックによっては複数の脱毛機を用意しているところも

各クリニックごとで使用するレーザーの機種には違いがありますが、なかには複数の機種を用意して肌質に合わせたチョイスをしているところもあります。

 

痛みが気になるという方は、気になるクリニックがあれば、どのようなレーザーの機種を使用しているのかを事前にチェックしてみるといいでしょう。

 

vio脱毛の痛みをできるだけ減らす方法は?

痛みが強いとされるvio脱毛ですが、その痛みをできるだけ軽減する方法もあります。

 

生理前後や体調不良時は避ける

女性の体はデリケートです。個人差はありますが、肌が敏感な時期に施術を受けてしまいますと、より痛みを強く感じやすくなります。特に生理前後や睡眠不足、体調不良時などはできるだけ避けるようにしましょう。

 

保湿ケアをしっかりとしておく

乾燥した肌は痛みを強く感じやすいといいます。脱毛施術前日までには自己処理をするかと思いますが、自己処理後はしっかりと保湿ケアをして乾燥を防いでおきましょう。

 

麻酔を使用してもらう

美容外科やクリニックでの医療脱毛では、麻酔の用意があります。麻酔は医療行為ですので、医療資格を持つ美容外科やクリニックでしかできません。有料のところと無料のところとがありますが、どうしても痛みに耐えられないという場合には麻酔を使用してもらいましょう。

 

施術スタッフに相談する

どうしても痛みが耐えられないという場合には、施術スタッフの方に相談してみましょう。より高い出力で施術したほうが効果が高いといいますが、その分痛みは強くなります。

 

反対に、出力を弱くしてもらえば効果は低くなりますが痛みは弱くなります。我慢しすぎて肌トラブルに繋がってもいけませんので、相談して自分の状態にあった施術をしてもらいましょう。

 

 

回数が増えるごとに感じる痛みは軽減します!

確かに医療レーザーでのvio脱毛は強い痛みを感じる方が多いですが、ずっと痛みが続くというわけではないようです。

 

口コミなどをみても、とくに強い痛みを感じるのは1回目?2回目という方が多く、以降は回数が増えるごとに感じる痛みも軽減してくるようです。

 

もちろん、痛みがどうしても不安・苦手という方はサロンでの施術を選ぶのも一つの手ですが、vioはデリケートな部位でもありますし、何かあった時にすぐ対処してもらえる医療機関での施術はやはりおすすめです。


医療脱毛

×