1. 効果のある安いおすすめ医療脱毛を追求する【医療脱毛ピーチ】
  2. VIO脱毛
  3. VIO脱毛おすすめのサロンはどこ?

VIO脱毛おすすめのサロンはどこ?

 2018/10/04 VIO脱毛   186 Views
VIO脱毛ってとっても痛いし、デリケートな場所だから、サロン選びは大事だよ!もちろん安さや効果をしっかりチェックして、信用できるサロンを見つけること。今日はオススメのサロンを紹介するから、これを見たらきっといいサロンが見つかるはずだよ!
「脱毛できればどこでもいい!」というわけにはいかないのが、デリケートなVIO部位ですね。VIOの脱毛は、他の部位とは違って毛が太く深い位置から生えているため、難しいんです。そのためサロンやクリニック選びは重要になります。失敗したくない、後悔したくないという方に、おすすめの脱毛サロン、医療脱毛クリニックをピックアップしました。

料金が安いのはもちろん、しっかり脱毛効果があって、安心して通えるサロンやクリニックばかりですよ!VIO脱毛でのトラブルや自己処理から解放されましょう。

このページの見出し

VIO脱毛のサロン選びのポイントは安さ、痛み、回数!

脱毛サロン選びに失敗したと思う人って、どんな理由が多いと思う「抜けないから通い続けなきゃいけない」「高くてコスパが悪い」「痛くて続けられない、ストレスになる」という理由が圧倒的に多いんだよ!だから、この3つをクリアすれば、きっと脱毛に満足できるはずだよ!
おすすめ脱毛サロンやクリニックをいくつか見てもピンとこない、どこで脱毛したらいいのか迷うという方に、サロンやクリニックを選ぶポイントを3つご紹介します。最低限この3つのポイントを比較しておけば、サロンやクリニック選びで「失敗したかも」とはなりません。

料金の安さ

VIO脱毛をする際の料金は、重要な比較ポイントですよね。回数プランで比較するだけでなく、無制限プラン(脱毛し放題プラン)も確かめておきましょう。というのは、VIOは部位の中でも最も脱毛効果を感じにくい部位だからです。回数プランで、脱毛の結果に納得できなければ追加する必要があります。追加すればその分もちろん費用が大きくなりますね。回数無制限なら、結果が出るまで(有効期限があるプランなら有効期限内で)施術を受けられるため、料金が安く収まることがあります。

痛みとその対策

VIOは痛みを感じやすい部位です。脱毛サロンでは、ジェルを使用するところが多く、出力も低めなので、さほど強い痛みは感じないでしょう。サロンのサイトなどで、痛みがないというところを選べばOKです。

しかし、クリニックでは脱毛効果が早く得られるように出力を上げています。その分痛みを感じやすいといえるでしょう。クリニックでは、麻酔で痛み対策ができます。クリニックを比較するときには、麻酔を利用しやすいのか、麻酔を使った場合の料金なども忘れずにみておきましょう。

照射回数と脱毛期間

料金だけじゃなくて、回数もチェックして、コスパがいいことをチェックすること!
サロンとクリニックでは照射回数と脱毛期間は異なります。VIOならサロンでは12回~15回程度で自己処理不要、18回でツルツルになります。クリニックでは、5~8回で自己処理不要、8~10回でツルツルになります。

回数はサロンのほうが倍ほどになるので、脱毛期間も長くなることが多いです。2ヶ月に1回の照射が平均的なので、サロンなら自己処理不要になるまでに2年程度、ツルツルになるまでに3年ほどかかります。クリニックでは、自己処理不要になるまでに1年程度、ツルツルになるまでには1年半程度みておきましょう。

サロンとサロン、またはクリニックとクリニックでは、脱毛期間が大きく異ならないのかも気になりますね。導入している機械で多少脱毛効果に違いが出ますが、サロンやクリニックでの脱毛期間を左右するのは予約の取りやすさと脱毛間隔です。2ヶ月に1回の照射が平均ですが、混み合っている場合には3ヶ月以上も間隔があいてしまうことがあります。またサロンの方針や営業などの点から、あえて脱毛間隔を広くとっている場合もあるのです。予約の混雑具合と、脱毛間隔をきちんと確かめておきましょう。

結局サロンとクリニックならどっちがVIO脱毛に最適?

サロンがいいか、クリニックがいいか、というのは、それぞれのお財布事情や、時間、痛みの感じ方によっても違うから、サロンかクリニックで迷ったら、自分が何を一番重要視したいか、考えてみることが大事だよ!回数、料金、効果、痛み、どれを一番重要視する?
脱毛サロンと医療脱毛クリニック、どちらでVIO脱毛したほうがよいのでしょうか?

料金

脱毛サロン〇 医療脱毛クリニック〇

脱毛サロンのほうが1回分の料金は安いのですが、脱毛の結果が出るまでに回数が必要になるため、結果としてクリニックと大きく違いがありません。自己処理不要からツルツルになるまで80,000円~130,000円程度が相場になります。

痛さ

脱毛サロン◎ 医療脱毛クリニック△

脱毛サロンは痛みを抑えた施術を行っています。ジェルを使用したり、冷却したりすることで、痛みを感じにくい状態で照射を受けられるのです。クリニックは、出力パワーが高いので、やはり痛みが強いです。VIO部位は皮膚の薄さなどから、どうしても痛みを感じやすいことも理由でしょう。ただし、クリニックなら麻酔を使えます。

脱毛期間

脱毛サロン△ 医療脱毛クリニック◎

脱毛サロンでは、自己処理不要になるまで約2年程度、ツルツルになるまでは3年程度かかります。医療脱毛クリニックでは、自己処理不要になるまで10ヶ月から1年、ツルツルになるまでには1年半から1年8ヶ月程度です。より早く結果を出せるなら、医療脱毛クリニックです。

どちらがよいのかは、痛みに強いか弱いか、早く脱毛を完了させたいか時間がかかってもよいのか、料金はできるだけ安いほうがよいのかなどで、決定することになるでしょう。料金としては大きく違いがないため、痛みに極端に弱いという方でないならクリニックで脱毛するのがおすすめです。ただし、全身脱毛にプラスしてVIO脱毛もする場合なら、脱毛範囲が広くなりますね。そんな場合はサロンの料金のほうが低いことが多いです。VIO部位以外も脱毛するかどうかによっても、脱毛するところが変わってくるでしょう。

おすすめ脱毛サロンはこちら!

ももは、サロンだったら銀座カラーがオススメ。sVIOの照射はいたけど我慢できるレベルだし、何より、施術がとっても丁寧なんだ!照射時に会話もしてくれて、気分がまぎれるようにしてくれるよ。

銀座カラー

高い結果を出せるサロンとして人気がありますね。脱毛する技術者のレベルが高く、VIO部位も安心して任せられると評判です。デリケートな部位をまとめて脱毛できるVIOセットプランがあります。脱毛し放題プランで脱毛できます。

脱毛し放題 月額7,100円 (コース225,600円) 8回通えるスピード脱毛プラン

ミュゼ

デリケートゾーンの部位が細かく分かれており、7部位となります。
そのためセットコースの名称がハイジニーナ7となっています。

もちろん、ハイジニーナ(VIOすべて無毛の状態)だけでなく、毛を残して形を整えることもできますよ。

ミュゼは会員の種類があり、
レギュラー会員はミュゼの全営業時間予約を取ることができます。

デイプラン会員は、平日の12時から18時が施術を受けられる時間帯で予約をすることができます。料金は
ハイジニーナ7 VIO脱毛コース
(レギュラー会員)
4回 36,000円~(アプリダウンロード価格)
通常価格なら72,000円
ハイジニーナ7 VIO脱毛コース
(デイプラン会員)
4回30,000円(アプリダウンロード価格)
通常価格なら60,000円

※ミュゼアプリダウンロード価格とは
ミュゼで脱毛をするのが初めての方がアプリをダウンロードした場合、
または、すでにミュゼ会員ではあるが、契約までにアプリをダウンロードした場合にアプリダウンロードの価格が適用されます。

ミュゼの5コース(フリーセレクト美容脱毛、ハイジニーナ7美容脱毛、全身美容脱毛バリュー、全身美容脱毛ライト、全身美容脱毛)のうちどれかを4回以上で契約した場合に、料金半額が適用されます。

キレイモ

全身脱毛専用サロンのため、VIOだけ脱毛するのは不可です。VIOだけでなく、全身脱毛もしたいときには、断然おすすめサロンです。照射は、1回で全身を終えられますので、脱毛範囲が広くても何度もサロンに通う必要がありません。

月額定額プラン 月額9,500円
パックプラン 6回114,000円 12回212,040円
全身脱毛の永久保証付きスペシャルプランも登場しています。

 

おすすめ医療脱毛クリニックはこちら!

アリシアクリニック

5回パックだけでなく、回数が多めの8回や脱毛し放題プランもあるのが大きな特徴です。また、VIO部位をすべてなくしてしまうスムースと、整えるビューティでは料金が異なります。

VIO脱毛セットビューティ 5回61,900円 8回92,880円 脱毛し放題118,800円
VIO脱毛セットスムース 5回85,900円 8回123,760円 脱毛し放題165,000円
それぞれ月額払いによる医療ローンを利用可

 

リゼクリニック

5回コースが基本です。仕上がりに満足できなければ、都度払いでの追加も可能です。コース終了後に追加する場合は、料金が大変低くなります。納得できるまで脱毛しても、費用の面で安心感がありますね。

VIO脱毛セット 1回44,500円 5回99,800円 コース終了後1回あたり15,500円

 

レジーナクリニック

料金の安さで話題ですが、脱毛の技術も高いと評判のクリニックです。院数が少なかったのですが、現在どんどん開院していますので、近くにあるか一度確かめてみましょう。

VIO脱毛セット 1回42,000円 5回84,000円 追加1回あたり21,000円
Vライン脱毛 1回15,000円 5回45,000円 追加1回あたり7,500円
Iライン脱毛 1回15,000円 5回45,000円 追加1回あたり7,500円
Oライン脱毛 1回13,000円 5回39,000円 追加1回あたり6,500円

 

VIO脱毛のここが気になる!脱毛に踏み切れないと思っている方へ

VIOはなぜ痛い?

VIO脱毛は、他の部位よりなぜ痛いのでしょうか。皮膚が薄いこと、ムダ毛が太いためレーザーや光に強く反応すること、デリケートな部位であることなどが理由です。色素沈着が起こることでも、反応が強い場合があります。ただし、サロンの脱毛ではジェルの使用や冷却後でないと照射できない脱毛機などを導入しているので、痛みが最小限に抑えられています。クリニックでは麻酔の使用も可能です。痛みはありますが、対策はあるというわけですね。

痛みとしては、ゴムではじかれた感じ、という説明をする人が多いけど、もっと鋭い痛みがあるよ。毛穴は1つじゃないからね。熱い針で一瞬刺された感じ、っていうのが一番イメージにピッタリかな!あ!怖がらせるために言ってるんじゃないよ!回数を重ねれば全然痛くないし、何よりサロンだったら我慢できる痛みだよ。ちなみに、冷えてると痛みは感じにくいよ。

 

痛くないVIO脱毛を医療脱毛でもできる?

医療脱毛機も、最新型ではあまり痛みを感じなくなっています。皮膚を吸引したような状態で引っ張り、そこにレーザーを照射していくため、痛みがかなり軽減されている脱毛機です。それでも、VIO部位はやはり痛いと感じることが多いようです。最初の1~2回は麻酔を使用したほうがよいこともあります。痛みを過度に我慢する必要はありません。カウンセリングできちんと相談しましょう。

VIO医療脱毛で体験やテスト照射はある?

医療脱毛クリニックでも、ほとんどのところで安価での体験照射やテスト照射可能です。また、カウンセリングや診断で医師が必要と判断した場合には、テスト照射を行う場合もあります。カウンセリングにテスト照射も希望する場合は、カウンセリングの予約をとるときに必ずテスト照射の申し込みをしておきましょう。脱毛機の使用状態などで、照射できないことがあるからです。

VIOのみ脱毛しても安い?全身脱毛してしまったほうがお得?

全身脱毛も、くまなくキレイになれるので人気が高いですよね。まとめて広い範囲を施術したほうが、1部位ごとの価格よりも割安になることが多いです。部位ごとに結局全身施術するなら、全身脱毛プランを最初から選んでおいた方がお得でしょう。
サロン脱毛の料金は、クリニックの料金よりも低めの設定です。ただ、VIO部位のように施術が難しいと、回数が多くかかることになり総額はクリニックもサロンもあまり変わらないことが多いです。全身まるごと照射する予算がない場合は、ワキとVIOやひざ下など、脱毛の必要が高い部位を組み合わせて施術できるプランを探すのもよいでしょう。

VIO脱毛完了までにかかる期間や回数は?

VIO脱毛は、他の部位より回数が多く必要になります。もちろん期間も長くなることが多いです。サロンでは12回から15回が自己処理不要になる目安回数です。これで2年から2年半程度かかります。さらに無毛の状態で完了しようと思ったら18回程度必要になるので3年ほどかかってしまうでしょう。
クリニックでは5回から8回で自己処理不要になるといわれています。期間は10ヶ月から1年4ヶ月程度、ツルツルは8回から10回程度なので、1年4ヶ月から1年8ヶ月程度です。
サロン、クリニックどちらも予約状況や、脱毛間隔を広めにとる、脱毛効果が出にくい場合などはもう少し期間が長くなる可能性もあります。

絶対恥ずかしくない?照射しているときはどんな感じ?

ほぼ100%の方がやはり照射中は恥ずかしく感じるようです。しかし、それも回数を重ねるにつれて慣れてきます。基本的には、照射する部位だけを出すようにしてくれます。紙ショーツやタオルをずらして、施術を進めていきます。ただ、その手間や時間が気になる方は、紙ショーツなしで施術を受けても平気なほど慣れるようです。
Vラインは仰向けです。Iラインは仰向けですが脚を片方ずつ4の文字のように、横に倒して照射します。Oラインはうつ伏せのところや四つん這いのところなど、施術をするところによって異なります。うつ伏せの場合は、おしりの肉をギュッと開いて照射面を当てていきます。
こう聞くと「え?耐えられないかも」と感じますが、仰向けでも顔にタオルがかかっていますので、担当者と目が合って気まずいことはありません。また、照射は数分単位の短時間で済んでしまいます。他の部位も照射するなら、なおさら単なる体の一部位としての対処となるので、特に身構える必要はありません。

照射のときにデリケートゾーンのにおいは気にならない?

照射をするときに、近づかざるを得ませんから、デリケートゾーンのにおいが気になったらどうしようと心配ですね。まず施術を受ける前には、ウォシュレットやおしりふきを使って清潔にしておきましょう。施術直前にトイレに行くかどうか確認されますので、おしりふきを持参しておくと、安心ですね。

施術担当者はマスクをしていることもあるので、さほどにおいを気にする必要はありません。デリケートゾーンはまったく無臭の方はほとんどいないので、過剰に気にしなくてもよいでしょう。またにおいの原因はムダ毛によるムレであることも多いので、ムダ毛が減るにつれてにおいも減少していきます。

施術前のシェービングはどうしたらいいの?

光脱毛やレーザー脱毛では、1mm程度のムダ毛が残っていることが望ましいため、施術前日か2日前ほどに必ずシェービングするように指示があります。剃っておかないと、照射したときにやけどを引き起こすこともあるため、剃り残しがあると施術しない、有料でシェービング、無料でシェービングなどサロンやクリニックによって対応が異なります。
VIOの中でも、Oラインは自分で処理するのが難しいので、できる範囲内で自己処理しておけばサポートが入ります。自己処理は電気シェーバーが肌を傷つけません。
VラインとIラインは、鏡を上手く使って剃り残しがないように処理しましょう。処理後は忘れず保湿しておきます。

VIO脱毛で後悔することはないの?

VIO脱毛自体は、衛生面や生理のときの手間のなさから、やってよかったと感じる方がほとんどのようです。ただ形やデザインから後悔してしまうこともあります。レーザー脱毛や光脱毛は、照射すると元に戻せません。そのため、無毛にして温泉に行ったら注目されてしまった、形がおかしいと彼に指摘されたなどで、後悔することもあるようです。
ナチュラルに残すのが人気も高いですが、あまり大きな範囲で残しすぎると、せっかくVIO脱毛したのに下着からはみ出てしまうこともあるでしょう。

男性はVIO脱毛している女性をどう思う?

あまりに不自然な形だと、抵抗を感じる男性もいる反面、ハイジニーナがよいと感じる男性もいるようです。少し前のように、VIO脱毛をしていると遊んでいる女性という見方は、VIO脱毛が定着しつつある現在ではかなり少数派になっているようです。ただ脱毛前には一言欲しいという男性も多いようなので、相談して形を決めてもよいでしょう。

おすすめのVIOの形やデザインはどんなの?

ナチュラルなデザインとして、もともとのトライアングルを少し小さめにするのが最も自然で人気があります。今はハイジニーナの快適さも高い支持を受けています。

トライアングル

逆三角形は「いかにも脱毛しました」という感じになりにくいですね。どんな形がよいのかわからない場合、ひとまず毛量を減らし形は小さめに整えるという方も多数です。ナチュラルに残し過ぎると、結局下着からはみ出してしまうこともあるので、大きさには要注意です。

ハイジニーナ(無毛)

まったくムダ毛を残さない状態です。ムレがなくなりますし、生理中もラク、衛生的で実際にハイジニーナにした方は「なぜ今まで毛があったのか」と感じるほどのようです。ただ、温泉で気になるなど、人によっては全く無毛にしてしまったことを後悔することもあります。一度脱毛してしまうと戻せませんので、ハイジニーナにするのは、慎重に決めたいものです。

オーバル(玉子型)

トライアングルより少し範囲は狭めですが、自然な丸みを帯びているためナチュラル感があります。トライアングルの次に、誰でもトライしやすい形です。

デザインタイプ

ハート型や扇型なども、デザインとしてはあります。実際に、普通のトライアングルではつまらないと挑戦する方もいます。ただ、あまりにデザインしすぎると、違和感を持つ男性も多いので注意が必要でしょう。

I型に細く小さく残す

縦に細く残す形も、下着からはみ出す心配がまったくないので、やりたいと考える方が多いです。Tバックなどの下着でもはみ出す心配がありません。

VIO脱毛を自宅でするのがおすすめできない理由

サロンやクリニックでVIO脱毛したほうが、安心感も高く満足できる仕上がりになるでしょう。それがわかっていても、やはり自宅で処理したい、自己処理のほうがよいと思う方もいます。しかし、自宅での処理はおすすめできません。

カミソリや毛抜き

皮膚が薄い部位にカミソリや毛抜きを使用すると、肌に大きな負担をかけることになります。デリケートゾーンの肌トラブルは、下着との摩擦や自己処理によるものがほとんどです。さらに、ムダ毛が太いので埋没毛も起こりやすいのです。

ワックス

ブラジリアンワックスでのVIO処理も人気があります。ただ、痛みがかなり強いこと、こちらも保湿などを怠ると肌トラブルや埋没毛が発生することなど、注意点も少なくありません。毛穴が広がったという感想を持つ方も多いので、継続的な処理にはあまり適していないでしょう。

家庭用脱毛機

エステの光脱毛と同じ仕組みの家庭用脱毛機もありますね。自分で好きなタイミングで照射できる点が大変便利です。しかし、VIOでもIラインやOラインを処理するのは推奨されていません。デリケートな部位はトラブルを起こしやすいからです。また、光脱毛と仕組みは同じでも家庭用脱毛機の出力はかなり低いです。照射回数がかなり多くなりますし、脱毛完了まで期間も長いでしょう。プロに任せることで、スピーディーに脱毛が終わります。

VIO脱毛は特に、自己処理はオススメできないよ。ばい菌が入ったら大変だし、傷つく可能性もあるから、ちゃんと脱毛に行った方がいいよ!

まとめ

おすすめ脱毛サロンや、医療脱毛クリニックでも、料金や回数、サポート面で違いがあります。VIO脱毛は、美容的な面だけでなく衛生面からもぜひ行いたいもの。ただ、他の部位より抜けにくかったり、痛みが強かったりします。トラブルはほとんど起こらないものの、万が一のことを考えて、安心できるサロンやクリニックを選んでおきましょう。

サロンやクリニックは、いずれも無料カウンセリングを予約制で行っています。カウンセリング時にテスト照射できるサロンやクリニックがほとんどですから、ぜひトライしてみましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

効果のある安いおすすめ医療脱毛を追求する【医療脱毛ピーチ】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

効果のある安いおすすめ医療脱毛を追求する【医療脱毛ピーチ】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 安いVIO脱毛はココ!おすすめ医療脱毛クリニックと脱毛サロン

  • 通う期間がはっきりわかるIライン脱毛の効果的な回数を教えます!

  • VIO脱毛の効果を実感できる回数は?医療脱毛とサロン脱毛は違う?

  • VIO脱毛やハイジニーナ脱毛しても後悔しない?失敗しない対策や形とは

  • VIO脱毛はなぜ医療脱毛がおすすめ?クリニックを選ぶときのポイント

  • VIOをレーザー脱毛したらやっぱり痛い?痛みを軽減できる?